スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年を迎えて

 明けましておめでとうございます。2017年も細々とブログを更新して、いい加減ホームページ本体をいじれるように努力します。

 年末年始の動きをざっとまとめますと、北海道に一週間ほど行き、栃木の実家で風呂だけ入って宇都宮で高校の同級生と飲み、その日の夜に「とちの木号」で大阪へ向かい、31日から3日までは母親の実家で過ごしました。4日に妹とUSJに行き、その日の夜に「呉ドリーム大阪号」で広島へ戻ってくるという、慌しくほとんどじっとしていない状況でしたね。
 その後も、成人の日の3連休に広島地区の駅巡りをして、岡山発下関行きの日本最長距離の普通列車に乗車し、翌日広島に戻るもフェリーに乗る高速バスで大分へ向かい、翌日また広島に帰るという、なんとまあ落ち着かない自分だこと。しかし、年末年始からの疲れが出たんでしょうか、それとも大分で飲みすぎ食べ過ぎで胃に負担が来たんでしょうか、広島に帰る日はバスとフェリーで上から下から出そうで出ない(キタナイ話ですみません)。結果的には西条の自宅まで帰ってきたんですが、それから1時間もしないうちに38度の熱。おそらく中学3年のときにインフルエンザで出して以来でしょう。結局、翌日の講義とアルバイト、翌々日のアルバイトをお休みするという、多くの人に迷惑をかけることとなってしまいました。高校時代からほとんど風邪という風邪を引かず、「馬鹿だから風邪を引かない」を自称していた私でしたが、バカもバカなりにちゃんと休まにゃいけませんね。反省です。

 こんな2017年の始まりでしたが、今年は就活もありますし、修論も書き上げなければなりません。特に前者は今後の人生を大きく左右するものだと、既に就職している周囲の友人らとのやりとりなどからも痛感しています。とともに、広島と栃木の放送関連のネタを何か小出しにお届けしていきたいなと思っております。

 知らないうちに(というよりは意識しないうちに)このホームページも開設10年(今年で13年目?ですね)をとうに過ぎ、何もせずにさらっと流していったような相変わらずの不束者ではありますが、改めてよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

エリアワンセグ局の実情

 約2か月ちょっと間が空いてしまいました。
 10月から大学院も後期の講義が始まり、相変わらずバタバタだったんですが、学部生の授業でTA(ティーチング・アシスタント)として働かせてもらえるようになり、アルバイトがまた一つ増えました。放送局と大学の契約職員(アルバイトみたいなものですが)を合算すると、埼玉にいた頃よりも月収としては稼げているのでありがたい限りです。
 それにしても、カープは惜しかった。前回のブログ更新から、クライマックスシリーズ制覇、黒田引退と中國新聞の号外は2度も出まして(土橋の本社で貰うことが出来ました)、さあ、もう日本一や!と阪神ファンの私も願っておりましたが、まさかまさかの結末でした…。バイト先の美術倉庫に「日本一」をかたどった文字パネルが日の目を見ることなく、そのままにされているのを毎回バイトに行くたびに見て、寂しい気持ちになっております…


 そんなこんなでイベントも多かったのですが、10月はTAの授業で、2年前に土砂災害の被害を受けた地域に行ったり、個人的な調査で北海道に行ったり、11月に入ると学部生のころに入っていたサークルのサプライズゲストで埼玉に行ったりと、あちこち回っています。先週は、前述の契約職員として事実上の出張で東京へも行っておりました。
 その東京ですが、仕事は土曜日だけでしたので、フリーの日曜日はどこに行こうか考えた結果、都内各所に点在する「エリアワンセグ」を回ってきました。個人的にはその前の週も電車で通っているとはいえ、久しぶりに東京をうろちょろした気がします。

 都内には、TBSやフジが放送するエリアワンセグ局もあれば、エリアワンセグに特化した会社が運営する局、六本木ヒルズなど施設が運営する局、区が運営する局(江東区)など様々で、その放送内容も個性がありました。今回は、江東区(6局)、六本木ヒルズ(3局)、エリアポータル(3局)、東京ビックサイト(3局)を受信してきましたが、アンテナらしいものを発見できたのは江東区の一部の局のみで、他はどこから送信されているのか確認は出来ませんでした。また、秋葉原ではエリアポータルのエリアワンセグ局を受信できたものの、東京ワンセグ放送が放送するエリアワンセグ局はアンテナがあるとされる2か所付近とも受信できず、という結果に終わりました。同社のウェブサイトを見ると、今年の3月に社屋を移転した旨の告知を最後に更新されていませんし、番組に関する情報も今年更新された情報はほとんどないことから、もしかすると放送休止状態にあるのかもしれません。いろいろ調べてみても、同局に関する半年以内の情報が得られなかったことも気になるところです。

 全国的にみると、エリアワンセグ局は放送局がイベントで放送する場合や、娯楽施設などに設置される場合などが多いようですが、他にも自治体が災害時の情報伝達手段として開局している場合も多いようですね。今回回った江東区もその意味合いで設置されているようで、普段は地元のケーブルテレビの番組が流れていますが、災害時などはライフライン情報などを伝えられるようになるとのことでした。

 ただ、ワンセグ自体の問題を考えてみますと、開始当初こそ、放送業界や携帯各社もこぞって売り出していたものの、最近はその声も聞かなくなりましたし、iPhoneのようにもともと機能がない機種もあるようですから、普及しているとは必ずしも言えないような気もします。イベントや施設での活用はまだしも、行政の防災面での活用という点では見直しが必要になってきそうですし、ワンセグ以外の他の方法のほうが有効なのかなと感じてしまいました。


 最後に、いつか書こうかと思っていたことを。ここ数年、放送マニアによるサイトの閉鎖が相次いでいて、何だか寂しくなりました。皆さんご事情は様々ですし、苦渋の決断だった方もいらっしゃると思います。ひとまず、お疲れ様でしたということと、多くの情報を提供してくださってありがとうという気持ちでいっぱいです。
 私もウェブサイトは削除して、全部ブログに移行しようかと思ったり、他の方法が無いか考えたりしていたのですが、結局はページ作成を始めた小学生のころに比べると当然ながら圧倒的に時間が無く、現状維持という形になっています。皆さんTwitterを中心に活動されているようですし(私も一応やっています)、そちらのほうで活発に情報の共有がなされているという現状も無視はできませんね。とりあえずは現状のままで私はやっていくつもりですが、どうしようかなと考えておる次第です。
 とりあえず、私は送信所訪問の写真(たぶん50件ぐらい溜まっています)はどうにかしたいです…(笑)

まもなく来広半年

 相変わらずのご無沙汰でございます。もうまもなく、広島に来て半年という期間になりますね。

 広島にいるということで、一番の話題はやはりカープの25年ぶりリーグ優勝です。しかし、私はその瞬間には広島におりませんで、北海道にいたために全くといっていいほど、特番やらなんやらも知りません…(涙)
 逆にと言ったらおかしいですが、埼玉の学部生時代のサークルの後輩が広島に観光に来ていたようで、ちょうど広島市内をぶらついていたときに優勝を迎えたと聞きました。おかげでジョッキビールは99円、焼きそばやその他のメニューも7円だったとかで、うらやましい限りです。号外も貰いたかったなあ…。広島市内に繰り出たのに…。と、後悔は尽きません。次はクライマックスシリーズで勝ってもらい、日本一になってもらわんと。

 そういえば、私のアルバイト先もカープ大好きですから、当然ながら優勝記念パネルやらポスターやらでいっぱいでした。同じ部署の女性の社員さんが「ロビーに黒田と新井のサイン入りTシャツあるけえ、見てきんさい!」と言ってくれたので、昼休みに見てきました。あの新井さんが…、という感じですが、阪神ファンとしても今回の優勝はうれしい限りですよ。本当に。うちは来年に…。


 野球の話もそこそこにして、この半年ですが、もう研究の毎日でした。英語論文の翻訳のために3週間かけ、夜中も2時3時まで居残りして必死にやったり(笑)、修論構想を発表したらボロクソに言われたり。それでも好きなことが研究できるのは幸せなものだと実感しながら、ときたま酒を飲んで記憶を飛ばしております。
 ただ、大学があるのが広島市内から新幹線でも一駅、在来線でも35分かかる僻地なものですから、新宿まで電車で30分の埼玉にいた人間としてはまあ田舎が過ぎまして…(笑)。栃木の実家よりも不便で、山が近すぎ!と感じつつ、どうにか半年を迎えたといったところです。

 大学生の夏休みは、学部生の時と大して変わらず、盆直前ぐらいから9月末までで、本当に有意義に過ごせるのがありがたいです。この夏は、研究の調査を兼ねて、廃止がささやかれていた(実は調査中にJR西日本が廃止を正式表明した)三江線や、北海道を回ってきました。北海道に行くときには、初の北海道新幹線に乗車してきましたが、本当にあっという間でしたね。ただ、特急券が在来線の2倍以上に跳ね上がってたので、もう今度からは青函フェリーの学生運賃で行こうと思います…。速いけどさすがに高いです…。


 ところで、私のいまの研究テーマは、地方における公共交通の再編を中心に進めているのですが、よい話ではなく廃止や短縮といった話ばかりで、日本の農村地域では公共交通がどんどん無くなっているなあというのを実感しています。少子高齢化、それによる過疎化の進行で、利用者が少なくなるのは自然な流れであり、それゆえに公共交通サービスが縮小されるのは仕方がないことだと考えているところです。しかし、そうした地域に居住する高齢者や学生といった交通弱者のためにも公共交通は必要ですから、地域のニーズにあった、もしくは身の丈にあったサービスの供給が求められているのかなと、三江線を調査しているときに感じました。

 鉄道ファンやバスファンからすれば、何で無くすんだ!といった声が多く、当然そう思いますが、やはり地域に赴いて、そこにいる住民の声を聴くと、実情が分かりますし、現在の運行形態が良いのかどうかというのは考えさせられるものです。最近面白いなと思ったのは、北海道の夕張市長が石勝線の夕張支線を廃止をJR北海道に要請したというもの。JR北海道からの支援を期待しての部分はあるでしょうが、これはユニークで、かつ今後の過疎地域における交通を考える一つの方法だと思いました。同じ北海道でも、日高本線は自治体が支援しないにも関わらず、早く復旧しろという、何か矛盾していて、公共交通を考えていない地域もあります。そうしたなかで、夕張市の異例ともいえる要請はユニークなだけで終わらず、地域全体で考えていくことの重要性を打ち出しているのではないでしょうか。

 かくいう私も、高校卒業直後に免許を取得してから、実家に帰るとほとんど電車やバスに乗らなくなりました。家の近所のバス停(といっても2キロあります)を走るバスも一日8本はあったのが、いつの間にか2本になってますし、お名残乗車ぐらい行かなきゃいけんですかね…。
 そんなこんなで、全国津々浦々、公共交通の実情を調べに行っております。どこか面白い地域があったら、こちらでも取り上げたいなと思いつつ、後期の授業へ突っ込んで、ボコボコにされてきます。

PS.そういえば、三江線に乗車中、おそらく米子支社の乗降客数を調査されているJRの職員の方が乗車されていたんですが、その方に「何で三江線廃止するんだよ!」って突っかかって、30分ぐらいワンマンカーのなかでわめいていたDQNがいました。遠くに座っていた私も怖かったんです。そら、地元の利用客にも迷惑がられますわな…。

広島に来ました

 やはり、約半年ぶりの更新になってしまいました。みーやです。
 ちょうど一か月前、熊本の地震がありました。被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。
 実は、今回の地震、私も震度3程度でしたが、体感しました。言うまでもなく、被害はなかったのですが、まさかここまで揺れるとは…。というのも、広島に引っ越しました。

 昨年の大学院入試も含めて、広島には3,4度来ておりましたし、そこそこ街も知ったつもりではいましたが、やはり住んでみると、関東や関西とはまた違う、エネルギッシュな街だというイメージを持ちました。個人的に一番うれしかったことは、カープへの愛が強すぎるということ。私はかねてから申し上げている通り阪神ファンですが、百貨店やスーパーに普通にグッズが売られているのは、広島ぐらいじゃないでしょうか。正直、びっくりしました(笑)

 テレビももちろんカープ。一昨年まで阪神に在籍していた新井貴浩選手が、先月に日本プロ野球で47人目の2000本安打を達成しましたが、その瞬間ももちろんテレビ中継。その日は、RCCで放送されていたのですが、実況の坂上アナによれば「RCC開局64年目にして初の神宮球場乗り込みテレビ中継」だったそうです。いやあ、すごい瞬間を見させてもらいました。そして、その日の深夜には、ホームテレビを除く民放3局が2000本安打達成記念の特別番組を放送。面白かったですよ。

 そんなこんなでテレビばかりを見ていたいとも思いつつ、本業である学業はというと、やはり大学院ということで講義の難易度は学部時代に比べて上がりました。それに、学部時代は教育学部でしたが、大学院からは違う学部(研究科)になりましたので、専門性が高くなったなというのが実感です。研究室の半分以上が留学生で、ほとんど英語しか通じないので、英語が苦手な私にとっては結構大変でもあります。しかし、大のカープファンである教授らや親切な先輩方に囲まれて、どうにか1か月が過ぎました。これからは、学会発表があったり、巡検とよばれる対象地域へ赴いて調査をする授業が予定されていたりと、暇はほとんどありませんが、それなりにやっていきたいなと思います。

 それと、埼玉では地元の放送局でアルバイトをさせていただいていましたが、広島へ進学するということで、埼玉に残る信頼できる同級生にバイトを引き継いでもらいました。学部1年からお世話になりましたが、本当にテレビマニアにとっては貴重な経験をさせてもらいました。
 そして、広島でもアルバイトを始めたのですが、やはり放送局を選びました(笑) 通勤に1時間ぐらいかかりますし、時給も埼玉時代より100円安く、交通費は半額も出ませんが、それでもやっぱり居心地がいいですし、働き甲斐があります。埼玉とは全く違う業務内容ですが、実は皆さんが見ている・聞いている放送の裏側に携わっている…、そんな仕事です。

 東京、というか関東から離れ、テレビ東京がない生活は結構つらいですが、また気が向いたときにでもブログを書きます。

1年以上も放置してしまい…

 もう、ご覧になっている方も居られないと思いますが、辛うじて管理人は生きています…。すっかり放置してしまいました。

 前の投稿が、2014年9月26日と1年以上も前のものでしたので、私自身驚いてしまいました。
 この1年、大学の学校祭委員長として昨年12月まで任期を務め(夜中3時4時帰りが当たり前のブラック企業みたいなもんでした)、その後は就活に励むわけでもなく、また教員採用試験勉強をするわけでもなく、大学院へ進学したいと考えるようになり、その勉強をそこそこやってました。対して点が取れたわけでは無かったんですが、面接でどうにか売り込んで(笑)、希望していた大学院への進学が決まりました。来年の4月からは埼玉を離れ、というより関東すら離れて、広島県へ行くことになりました。
 就活も全くしなかったわけではなくて、1社だけ地方の某鉄道会社にダメもとで応募したら、内定まで頂いてしまったんですが、やはり大学院で勉強したいと思い、泣く泣く辞退しております。

 今現在は卒論を毎日書き進めている状況です。自分の所属する研究室は、学生それぞれが好きなことをテーマにして卒論を書きすすめられるので、大変ではありますが、充実して楽しい毎日です。

 卒論を提出して、1月半ばには何もすることがなくなるので、いい加減ホームページの整理やら、ファイルの回復やらしなくてはならないんですが。こうして言うだけやのうて、ちゃんとやらんとあかんよと、友人にも言われました(笑)がんばります。
プロフィール

みーや@栃木

Author:みーや@栃木
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
アクセス解析
月別アーカイブ
カテゴリー
NHK時計(青色版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
NHK時計(木目版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
リンク
最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。