スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴門で調べもの

 やはり間隔があいて、2月になってしまいました。期末試験期間ですが、今期はレポートや論述問題が多いので比較的楽をできている、みーやです。

 前回の記事では、姫路にある母親の実家に帰省したところまで書きました。1月2日まで家島におり、2日の夕方の船便で飾磨の親戚のマンションへ向かって、翌日は飾磨からユニスタへ。夜、母親と妹はとちの木号で栃木へ帰りましたが、私は電車で舞子まで行って、高速舞子から徳島行きの高速バスに乗り、徳島まで行きました。徳島に到着したのは夜11時半前。三が日の夜ということもあり、街は車どおりが多少あるぐらいでした。その日は眉山ロープウェイ近くのホテルで一泊しました。


 翌日は朝6時40分のバスで徳島駅を出ます。まだ夜も明けておらず、ひっそりしていました。鳴門行きのバスは30分ほどで鳴門駅前に到着。鳴門駅で荷物を入れようとコインロッカーを探します。しかし、これが見つからない。結局、寒いので駅のベンチで待ってただけで、しばらくしてまたバス停に戻りました。

 今回、鳴門市営バスを選んだのは、今年度末一杯で廃止されるということが大きいのですが、廃止される公営バスにしては比較的本数も多く、運行間隔も均一で、いろいろと興味を惹かれる部分があったのもあります。また、大学で来年以降ゼミに所属した際に、公共交通機関をテーマにして調べたいとも考えているので、栃木のような車社会の公共交通機関を選んだ際に、徳島という土地が見つかったというのもありました。

 ひとまず、駅前のバス停のベンチで待っていると、市営バスの車両が来ました。水色をベースに青のラインの入った車両です。回送表示になっていたので、まだ乗れないと判断し待っていると、運転手さんが下りてきて「どちらに行きます?」と聞かれ、「北泊のほうへ行くのですが...」と答えると、このバスの前に徳島バスが一本来るので、その後に乗れますよと教えてくださいました。
 バスに乗った後、「大学で研究をしたいと考え、一日市営バスに乗るのだが、回数券は車内で扱っているか」と聞くと「今は運転手は持っていないけど、企業局の庁舎で買えるし、1日乗車券があるよ」と教えてくれました。その上、フリーパスがどこで買えるかどうかも運行管理担当の方に電話をかけて調べてくださり(もちろん発車前です)、北泊までの一往復後に買うことが出来ました。

 1月4日、5日と北泊線のみで各停留所の乗降量調査やバス停周辺の様子を写真に収めたりしていたのですが、どの運転手さんも本当に親切で優しい方々ばかりで、感謝感謝の連続でした。2日目には、すでに運転手さんの間でも「埼玉から市バスを調べに来てくれてるらしい」と噂になっていたそうで(笑)、地元の顔見知りのお客さんとの挨拶のように、乗ると「お疲れ様~」とか「明日は何時の便に乗るん?」とか、声をかけてくださるようにもなりました。「あ~、明日のその便は○○さんの担当やね~。今日、○時の便に乗った時のあの人やで~」と教えてくださったのも、助かりました。

 今回私が乗っていた、北泊線は行程の三分の二を過ぎると、車一台がやっと通れるような漁港の道になり、とても運転が難しいところも多々あるような路線です。一方で、乗る方が限られているので、運転手さんと住民の皆さんが顔見知りというところがまた良かったです。乗るなり、おはようさーん、と挨拶を交わし、運転手さんと話を始められる乗客の方ばかりでした。

 そんななかで、ある運転手さんが教えてくださった、感動するような話を一つ。
 ある日、北泊線を運転されていたところ、いつもその日のそのバスに乗るおじいさんがバス停におらず、道の反対側でこちらに向かって手を挙げていたので、乗りたいんやな、と思ってバスを止めました。しかし、その道は幹線道路で交通量も多く、足の弱いおじいさんは手を挙げて道を渡ろうとしても、なかなか止まる車はいません。しかも、おじいさんがわたり始めたところでゆるいカーブのところですから、はねられかねない。
 運転手さんはとっさに判断し、「乗るんやろー?そこで待っとりやー」と声をかけ、バスを停めて、道の反対側のおじいさんのところへ行って、おじいさんをおぶって道を渡ってバスに乗せたのだとか。運転手さん曰く「おじいさんに無理強いさせられへんし、それに次の1時間後の便まで待たされへんからね~」。
 都会ではできない、鳴門やから出来るんよ、と言っていました。そんな優しい運転手さん、そしてそれを受け入れる乗客の皆さんがいてこその出来事だと思います。

 多くの運転手さんがそういった話をしてくださった一方、今まで乗っていたご老人がある日突然来なくなったと思ったら亡くなっていた、なんていうことも多いそうです。路線沿線の抱える実状も多く教えてくださいました。

 恐縮ながら、4月以降の話もお伺いしたところ、徳島バスに移る方もいれば、退職を考えるという方も。定年まであと1年やからねえ~と言うてましたが、こんなに素晴らしいプロ運転手はなかなかいないので、ぜひ頑張ってほしいな~と思ったりも。


 また3月に行きます、と告げると、「待ってるで~」「また来てや~」と言っていただき、本当にうれしかったです。ぜひお世話になります。
 余談ですが、昨年3月に廃止になった某公営バスとは大違いですね。フリーパスの乗客に「何回乗ったら気が済むんだ」と怒鳴りつけるんですから。


 私は6日の朝に北泊線一往復した後に、高速鳴門バス停から高速バスで高速舞子まで行き、そこから余裕があったので西明石まで向かって、米原→大垣→名古屋→中津川→塩尻→甲府→大月→西国分寺→武蔵浦和→南与野で自宅まで帰りました。最初は新宿まで行って埼京線に乗ろうとしていたのですが、西国分寺からのルートが最短だと気付き、おかげで30分以上早く帰ることが出来ました。武蔵野線、侮れないですね。
スポンサーサイト

北関東ライナー運行開始

 今週の木曜、9月17日に宇都宮と茨城の水戸を結ぶ高速バス「北関東ライナー」が運行開始となりました。片道1500円で、6本/日。2時間弱で到着するようです。

 実は、この情報を入手したのが運行開始の1週間ほど前。関東バスのHPを何気なく見ていると、見つかったというのが事実です。確かに北関東道も開通したことだし、バスがあれば便利かもと思っていた矢先のことだったので、いいと思いますね。
 実際、JRで乗り継いでいくと、宇都宮線→水戸線→常磐線と2回も乗り換えしなければならないうえ、運賃も120円高い1500円となっています。この辺の価格設定はバス会社側、うまくやったんじゃないですか?

 ちなみに栃木県側は関東自動車(関東バス)が、茨城県側は茨城交通と関東鉄道の3社による運行となります。1社あたり日に往復2本運行していくということです。


 でも、よく考えてみれば、両都市の移動需要があるのかな?とも思ってしまいました。宇都宮の人間は水戸とかよりも宇都宮のほうによく出ていくし、水戸の人も来るのでしょうか?今後、運転規模の縮小、ましてや廃止といった話も考えなければ…と心配してしまいました。とりあえず、乗客がいっぱい乗ってくれることを祈ります。


 ところで、このバスの始発便を撮りに行ってきました。朝6時に起きて、6時半の電車に乗り学校とは反対の宇都宮へ。宇都宮駅前のバスターミナル16番乗り場で待っていると、バスがやってきました。
画像 021
↑始発は7時なのですが、そこそこ乗る人が居るみたいです。ビジネスマンや観光客と思われる方の姿を見ました。また、乗客の方に何か粗品のようなものも配っていました。

画像 030
↑乗降扱いを始めて5分ほどすると、バスを動かしたりなんやらして、発車の時になりました。お偉いさんと思われる方がビシッと並んでます。


 と、写真はもっと撮ったのですが、これぐらいです。使用されているバスは羽田空港・成田空港線のもので、「AIRPORT LINER」と入ってますね。個人的には「KITA-KANTO LINER」とか入った奴かと思っていたのですが、残念でした…。

 なお、翌日金曜日の下野新聞にニュースが載っていました。午後にはバス全便に開通記念のプレートを掲げていたようです。宇都宮、水戸の両都市のキャラクターもで迎えたと言う事ですが、どっちのキャラクターも可愛げが無いなぁ…。



 さて、シルバーウィークが始まりましたが、どこへ行けるか…。まずは、頑張って課題を終わらせます。いい加減、夏休みの数学の課題、終わらせないと(汗

夢の快速列車

 前記事から引き続いて、鉄道の話。

 話は先月の山岳部の大会になるのですが、隣の地区の高校の先輩と鉄道の話で盛り上がった時のこと。アドレスまで交換して、その後ずっと鉄道について話していたのですが、先輩曰く「東北線に快速がほしい」というのです。私もほしいことはほしいのですが、さあどんなんがいいか?と話し始めると、かなりふくらみ、1週間以上もメールしてました。まとめると、↓

●特別快速 土日祝09:00-17:00のみ 黒磯-西那須野-矢板-宇都宮
●快速    朝夕ラッシュ時のみ 黒磯-那須塩原-西那須野-矢板-氏家-宝積寺-宇都宮
●区間快速 全日 黒磯-矢板間各駅、氏家、宝積寺、宇都宮

 宇都宮以南にこそ必要な電車かと思いますが、結構宇都宮-黒磯間も混むんですよ。せめて快速ぐらいは入れてほしい。メールしていた先輩は県北の人間なので、宇都宮に行くのに4,50分かかるのは不便だとぼやいていたため、特快、区快が入っています。
 あとは、一日一本ぐらい、上野-古河間の「ホームライナー古河」のような、ライナーを導入してもいいかも、なんておっしゃってましたね。特急「ホームタウンとちぎ」は廃止して、快速とか増やした方が客は増えると思うんですが…。


 と、停車駅について考えてメールしていたら、期末テストは見事に玉砕されました。




 さて、一方で受信報告書の送付も日に日に頑張ってやっています。先日、仙台ラジオ3、エフエムたいはく、FMいずみ、BAYWAVE、ラジオ石巻、ほほえみ、ラジオモンスター、Vigo FM、ハーバーRadio、フレンズFM、シティFM都城、宮崎サンシャインエフエム、ラジオラヴィートに送付しました。

 このうち、FMいずみ、ラジオ石巻、ハーバーRadioから到着。FMいずみは手紙とカード、ラジオ石巻は番組表とベリレター、ハーバーRadioは手紙とタイムテーブル、カードを頂きました。

 また、先週はFMおだわらから2年ぶり?ぐらいに確認証未発行の旨の手紙とステッカーを、静岡県警からは路側5局、鹿児島県警からは路側南栄、伊敷の確認を、香川県警からは路側三名、国分寺、酒田河川国道事務所からは路側櫛引、八鍬、福島河川国道事務所からは路側中野の確認をそれぞれ頂きました。各担当様、ありがとうございました。

68分遅れの通勤快速

 ここしばらく期末試験、今日は模試…と、面倒な日々が続いておりましたので、更新しばらくお休みしていました。

 昨日の出来事。金曜日は6時限までで、部活が終われば、そのまま直行で帰れたのですが、担任との懇談が入っていたために学校に残っていました。懇談を待っている間、アメチャンをなめたり、携帯で鉄道情報を見ていると、なんと「宇都宮線 運転見合わせ」の文字。まさか…と思うと、通学している宇都宮~黒磯間の情報で、野崎~西那須野間で車両トラブルにより運転を見合わせているとの事。どうしよう、と思いつつ、一緒に帰る友人に一応連絡して、懇談に行きました。

 懇談は話が弾んで、時計を見れば予定時間の2倍。次の女子も待っていて、部屋を出たら「何しゃべってたの~?」と起こられる始末。時計を見ると、5時40分で次の電車までは約15分ほど。携帯を見ると、友人からメールが来ていて、部活が終わったとの事。電話して居場所を確認すると、すでに駅だというので、急いで駅へ向かいました。

 すると、上下線ともホームには多くの人(ほぼ学生)がいて、ずっと遅延のアナウンスが流れています。ずっと、宇都宮~矢板で折り返し運転をしていたようですが、ようやく北から来るとの事。よく聞けば、「次の3番線には上り、16時56分発の通勤快速が到着します。行き先は上野から大宮に変更になりました。約70分遅れでの到着です。」とのアナウンス。時刻は6時を回っています。と同時に、E231系の10両編成かと思い、ホームの端に行きました。

 10分ぐらいして、ようやく電車が到着。乗れば、いつもの倍以上の混み具合。すると、電車は発車しない。どうやら下り列車を待っているようで、駅に入ってくると、列車の横の行き先幕が「普通」になっているではありませんか。理由は折り返しの列車らしく、行き先に矢板が無いために普通と出しているらしいです。
 次の片岡駅で隣の車両に空席を見つけたので、そこからは座って帰れましたが、ずいぶんと大変でした。下りを利用していた女子に聞けば、下りは電車がなかなか来なかったそうです。また野球部の友人によると、夜の8時半を過ぎても遅れていたそうですよ。

 電車利用になると、こういうものもつき物ですね。うーん、事故とかに逢わないことを祈る…。

リッチに「指定席」

 今日は、本当であれば山岳部の「山登り講習会」だったのですが、昨日からの雨により、岩場の危険があるとのことで、中止となりました。6時半前、目覚ましとともに顧問の先生から連絡があり、すぐに他の2人の女子にも連絡し、そのままいつものように昼まで就寝。起きたのは12時半ぐらいでした。

 その後、パソコンをして、数学の週末課題を解きます。しかし、残りの大問2で、明らかに答えと食い違っている問題があるのです。父親に相談しますが、父親も頭を抱え込み、数学が得意な同級生にメールしてみました。
 すると、やはり解答が間違っているとの事。その問題だけに1時間近くかかってしまいました。

 時刻はもう夕方の5時。一日どこに行かないのもつまらないと思い、軽い運動も兼ねて、電車に乗ってくることにしました。目的もしっかりあり、「快速 フェアーウェイ」に乗りたい というもの。
 時刻表で調べてみると、午後5時22分宝積寺発黒磯行き電車に乗れば、矢板に5時41分に到着するとの事。快速フェアーウェイは午後5時43分に矢板を発つので、2分はあります(少なっ!)。

 5時過ぎに着替えて、出発。駅に着いたら、すぐにみどりの窓口で指定券を購入(快速フェアーウェイは全席指定)。行きはいつも通学の時に乗っている211系電車で行きました。矢板では前から2両目の一番前のドアで降りれば、改札の目の前なので、アナウンスとともにドアの前へ。すぐに定期をかざして、再び改札の中へ。

 丁度ホームの階段を下りると、案内放送が入っていました。案内放送は「快速 フェアーウェイ」ではなく、「臨時 フェアーウェイ」となっていました。しばらくすると、485系が到着。悠々とした座席で過ごす事ができました。


 最後に懺悔?しておくと、定期で乗ってはいけないことを知らずに乗ってしまいました。車内検札でも、指定券だけ提示を求められたので、分かってませんでした。これから乗る機会があれば、ちゃんと乗車券も買います…。
プロフィール

みーや@栃木

Author:みーや@栃木
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
アクセス解析
月別アーカイブ
カテゴリー
NHK時計(青色版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
NHK時計(木目版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
リンク
最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。