スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武、やったぁ~!!

 埼玉西武ライオンズ、日本一です。おめでとうございます。
 振り返れば今年はセ・リーグが阪神、パ・リーグは混戦で始まり、どうなるか??阪神優勝かと思いきや、最後の最後で読売に抜かれ、クライマックスもボコボコにされ、ドラゴンズまでもが打ち砕かれパアとなってしまいました。
 しかし、西武は幾たびのピンチも乗り越え、よく優勝したと思います。西武ファンの友人が何度もゲーム差が縮まるたびに心配そうにしていましたが、応援した方も頑張っていました。チームとファンが一体になっての優勝というものではないでしょうか。

 何よりも、今回の日本シリーズは個人的に岸、平尾両選手が目立っていたと思います。最終戦の石井一-涌井-星野-グラマンのリレーも立派でした。西口にとったら少し後味悪いかもしれないけれど、読売を2点に抑えたのはなかなかのものですね。そして渡辺監督も就任1年目にしてBクラスから日本一にしたのですから素晴らしいと思いました。ちなみにこれは史上初だそうですね。

 今年一年、いろんな意味も含めてプロ野球にかき回されましたが、楽しかったです。西武はアジアシリーズがありますし、そして来年にはWBCもあります。これからも期待していきます。
スポンサーサイト

プロ野球の誤審を考える

 日本シリーズもついに大詰めですね。考えてみれば、先週の旅行からもう1週間。早いもんだわ~。
 まあ、今回の日本シリーズについて語るならば多くなってしまいますが、審判の誤審には怒っていられません。

 第3戦か4戦か忘れましたが、西武ドームの試合での有隅審判は審判として公平でもなかったし、こう言ったらアレですが機能をしていなかったとでもいいましょうか。「どこに目付けてんねん!」というジャッジばっかり。あのボールは完全にファールだろう。

 有隅審判といえば、2006年8月10日の横浜球場横浜-阪神戦でも、横浜の攻撃でランナー1塁2塁だったと思いますが、阪神・安藤投手の投げたボールが1バウンドしてから打者の石井琢朗選手のバットに当たり、ファールになるのですが、なんとワイルドピッチの判定。矢野捕手が抗議する間もタイムをかけず、ランナー2人は生還。まったくと言っていいほどつまらん試合でした。これには両チームの選手の非はありません。有隅審判の完全なるミスです。

 他にも阪神の誤審と関わりがあるのは橘高審判。伝説のナゴヤドーム、2005年の「9.7決戦」。阪神が中村豊選手のHRで勝ちましたが、あれも誤審ばっかり。ホーム上のプレーを巡って2回のトラブルを起こすのはどういうことか。退場者も出て、放棄試合寸前でした。そこで思ったのは、球審の言動やどつきに対して退場とかどうこうはないのに、選手が手を出すと退場って言うのはおかしいでしょう。色んな誤審を巡ってのトラブル調べると、球審も悪いことばっかりやってるやん。暴言吐いたりとか手出したりとか。

 「じゃあお前がやれ」といわれたらそれまでなんですが、これは金を貰っている職業です。その上チームの状況まで左右しかねないことになりますから、正しい判定を下すべきだと私は切に願います。それが出来ないのであれば、ビデオ判定を導入すべき。いつまでビデオの判定が出来ない出来ないって言ってるんでしょうね。誤審で文句をあーだこーだ言われるよりはよっぽどマシやと思うんですけどね。


 最後に受信確認証。今日は国土交通省滋賀国道事務所から建設路側今津、木之本、米原の確認を頂きました。各局のデータと一緒に案内看板とアンテナの写真がありました。アンテナの写真については今津局のみで、あとの2局は地中埋設のようです。返信ありがとうございました。

本当に行きます

 先日、日本シリーズの観戦についての記事を書きましたが、本当に行くことになりました。ちなみに今日、11月1日の東京ドームの第一戦です。
 発売日の10月30日に外野を取りたかったものの、すべて売り切れ。仕方なく、小中学生500円の立見席にしました。見れるだけ、言ってしまえば雰囲気を味わえるだけでも楽しみです。
 移動はすべて電車。学割もとってきたし、あとは行くだけです。この記事を書いてから1時間後には出発しているはずです。詳しくは明日以降の記事で書きます。

 悲しいお話。先日、CASIOのお風呂テレビがついに壊れました。原因は推測ではありますが、水没だと思います。電源は着くのですが、テレビはチャンネルが選択できず、ラジオは液晶画面が白くなると同時に、周波数が出る液晶画面とラジオの周波数があっておらず、同調していません。594kHzのNHK第一が522kHzで聞こえています。修理するか悩んでみたのですが、いとこがアナログのテレビを持っていたと思うので、それを借りる事が出来ればそうしたいなと思っています。

 受信確認書の話。木曜日にNEXCO西日本栗東管理事務所から、金曜日は大阪府警察から届きました。栗東からは、ハイウェイラジオ八日市、菩提寺、栗東、草津、瀬田、甲賀、甲賀トンネル下り、金勝山トンネル下りの返信がありました。石山については差異があったとのことで、返信はありませんでした。お手数をおかけし、申し訳ありません。
 大阪府警察からは、当警察本部のものであると思われると言う旨のコメントがあり、事実上の確認証であるといえます。さすがに22局すべてのデータは残っていないですよね。いっしょに自転車の乗り方についてのパンフレットも入れてくれました。
 各部署の担当様、ありがとうございました。

西武、日本シリーズ進出決定

 西武の日本シリーズ進出が決まりました。
 投げては涌井がよく投げぬきましたね。見ていて、あまりヒヤヒヤしないで済むというか、安定したピッチングだったのではないでしょうか。勿体無かったのは7回の日ハムの稲葉にヒットを打たれたところ。しかし、それでも踏ん張って9回まで投げたのは拍手を送りたいですね。
 日ハムも混戦のパ・リーグでよくここまで来たと思います。梨田監督の指揮はこれからますますファンを楽しませてくれることを願いたいです。

 さてさて、虎は闇へ葬られた感じがしてならない、セントラル・リーグ。ついに読売VS.中日が始まりましたね。
 初戦は中日がやりました!!よく勝った!!ノリも最後に魅せてくれて、一安心です。初回のイ・ビョンギュとウッズのHRは勢いづける2発だったし、マサも私が見ていたときは、あまり心配せずに試合を見ることが出来たので、ほっとしました。
 やっぱり、クルーンはクルーンですな。横浜にいた頃は輝いてたけど、巨人に来たら汚いイメージになったし、成績も落ちたし。いつまでもクルーンみたいに抑えられない投手に頼ってたら、ボロがでると思いますけどね。せめて、あと1人ぐらいは守護神作ったらどうなんでしょう?そのナベツネマネーで。阪神も藤川二世を求めたいところですけどね…。
 今日の試合を見ていて思ったこと。今日の審判は「ジャンパイア」だった。山本昌のボールって判定された球とほとんどズレていない位置に投げたグライシンガーのボールはストライク。明らかにジャンパイアでしたね。それだけが今日に試合で目に付いた点でした。


 今日、久しぶりに受信確認証が届きました。NEXCO中日本の八王子保全・サービスセンターと松本保全・サービスセンターからです。
 八王子からはハイウェイラジオ三鷹・国立府中・八王子・相模湖の4局、松本からは諏訪に対する返信をそれぞれ頂きました。八王子からの返信に同封されていた手紙には「相模湖局は平成19年度開局」との記述があり、結構新しい局だと言う事が分かりました。また、デザインとしてはA4版横にスペック欄があり、右側に「ここから」などの看板や送信機などの写真がありました。松本局からは以前長野道のハイウェイラジオ塩尻を受信した時と同じ、保安車の写真のポストカード(ラミネート加工)でしたが、局名などはしっかりと諏訪になっていました。
 各事務所の担当さま、ありがとうございました。

埼玉西武ライオンズ 優勝

 ついに、西武優勝です。塾に行っていたので、瞬間とかは見れなかったんですが、親がニュース速報を見ていたそうです。母親は「野球でニュース速報を流すか?」とか言っていたんですが、年に1回、2リーグですから2回。日本シリーズをあわせたら3回です。それぐらいガマンしてくれ…。
 しかし、西武は負けてしまったんですよね。優勝の試合ぐらい、勝って飾りたかったと、西武ファンの友人も言っていました。一方で、オリックスはボコボコにされましたね。楽天、大爆発。ノムさんのぼやきが優勝で隠れがちですが、どんなコメントだったのか。ちょっと気になります。

 一方の阪神、私は昨日夕方5時半から寝て、夜中1時に起きてしまったので、丁度試合は見ていなかったんですが、NHKのデータ放送で確認しました。単独首位。サンテレビだったら、こういうことでもニュース速報になりそう…。まあ、気を抜かずにやってもらえれば、それで十分です。


 ニュース速報といえば、古い話ですが、先日の自民党総裁選で予想通りとちぎテレビでも速報が出ました。しかし、音は無し。ゴシック体の、味気ない感じの速報でしたが、録れたのは嬉しかったです。その次の日の総理大臣指名選挙で出たかどうか分かりませんが、おそらく出たのではないでしょうか。その日はW録でNHKとテレ東を録ってました。テレ東はしっかりとニュース速報だけという対応。これこそテレ東クオリティですね。
 テレ東は、昔は「TXNニュース」というタイトルで、白赤点滅していたのですが、今は「TXNニュース速報」になり、白だけの表示です。速報音は変わっていません。他にも、一時期気象警報が「TXN気象速報」でしたが、現在は従来どおり「テレビ東京 気象速報」になっています。ただ、こちらも白赤の点滅はなくなっています。地震速報についてはやや特殊で、震度4などの大した被害がないような地震は「テレビ東京 地震情報」で対応。しかし、7月の岩手の地震では、L字と併用して、L字の情報を「TXN地震情報」として放送していました。これは初めてでした。
 今回は、組閣速報も出ましたが、こちらもTXN表記。最近はすべての速報で、白赤点滅をやめてしまったんですね。これはテレ東だっ!ていう感じがあって好きだったんですが。


 話は変わって、ベリカードの話。今日は、滋賀県警から路側放送の報告に対しての返信がありました。
 返信部署は、滋賀県警交通規制課からです。一応、交通管制センター発行とのようなことが、報告書に明記されていましたが、交通規制課と書いただけでも届くようです。内容物は、少し厚紙になっている報告書3枚。警察路側外町は彦根城、小柿は新名神近江大鳥居橋、本宮は琵琶湖大橋のそれぞれ写真と、滋賀県交通管制センターの写真、そしてキャラクターのけいたくんのイラストがありました。大変、しっかりとしたつくりで、うれしかったです。3時間かけて回った成果がありました。
 担当部署の方、ありがとうございました。
プロフィール

Author:みーや@栃木
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
アクセス解析
月別アーカイブ
カテゴリー
NHK時計(青色版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
NHK時計(木目版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
リンク
最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。