スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉と登山

 今日は部活で、来週大会がある福島県の会津駒ケ岳に行ってきました。いわゆる下見というやつです。

 朝は5時半起きで、6時の電車で野崎駅まで行きます。6時半に顧問と合流し、車でいざ会津駒ケ岳へ。
 途中、塩原で紅葉狩り渋滞を避けるために早く出たのですが、やはり7時台は早いようで流れもスムーズでした。南会津町に入り、コンビニで軽食を購入し、R352を進みます。
 いつもスキーで父親と行き慣れている道なので、ほとんど見たことのある光景ばかりでした。だいたい2時間半ぐらいで目的地の桧枝岐村に着きました。

 登山道は落ち葉が多く、滑りやすかったり、落ち葉で道が不明瞭になっているところがありましたが、道標がしっかりとしているので、迷うことはまず無さそうです。地図の読図もまだ分かりやすいかなと感じました。
 下の駐車場にも車が多かったのですが、それ以上に幅広い世代の方が登山されてました。だいたい下から2時間ぐらいで山頂に到着。その後、少し下ったところの駒ノ小屋で昼食を摂りました。
 それにしても上は寒くて、途中汗をかいて、半そでで居たのですが、さすがに寒かったです。下りはずっと上着を着ていました。

 2時には駐車場に到着し、2時半頃にかねてから行きたいと言っていた露天風呂へ。駒の湯という共同浴場でしたが、大変気持ちよかったです。
 3時半ぐらいに出て、途中コンビニに寄り、福島民報を購入。顧問然り先輩方も趣味を理解していただけているのがとてもありがたいです。
 帰りは塩原で紅葉狩り渋滞にはまりましたが、抜け道でうまく交わし、帰ることが出来ました。


 なにより、今回は男女一緒ではなく、予選隊出場の男子だけだったので、男だけの気楽な登山だった事が嬉しかったです…。


 ちなみに受信もしてみました。駒ノ小屋~山頂付近ではFM新潟、FMPORTあたりしか良好に入りませんでした。あとはNHKの千葉、横浜などが入感したぐらいです。アナログテレビも新潟弥彦山、ワンセグはNHK新潟総合・教育しか入りませんでした。思っていたよりも受信できなかったので、ビックリでした。
スポンサーサイト

台風18号の一日

 台風18号は何とか関東を通り過ぎていきましたが、東北では相変わらず大雨みたいですね。関東とかはあれだけわーわー騒いでいましたが、本物の暴風雨は夜中だけで、いざ通り過ぎれば晴れてましたから拍子抜けしました。

 さて、私も高校へは電車で通学なので、少なからず影響が出るだろうと言う事は見越してました。友人にも「電車は全てお前に任せる」と言われたので、昨晩のうちに調べておきました。すると、宇都宮線は通常の7割程度での運転とあり、すぐに友人に連絡。朝早くに暴風雨で目が覚めても、すぐにチェック。すると、5割程度まで減っているではありませんか。

 友人との約束では、一本早いので行こうという話だったので、7時過ぎに電車で行くことにしました。さすがに風雨がひどく、車で送ってもらいました。駅に着いて、掲示板を見ると、見事いつもの列車は運休。駅員に聞けば、台風の影響との事。加えて、ホームも雨が入り込んでくるので誰も立っていませんでした。友人はギリギリに到着し、何とか駅を出ました。

 次の停車駅でクラスメイトがいるかな、と思いきや、通っている高校の制服を着ている生徒自体が10人未満で、電車もいつも混んでいるのに、結構がらがらでした。
 また、その途中で「駅で雨が酷かったら、バスかタクシー」という案も出たので、駅前の路線バスの時刻表をすべて携帯のカメラに撮っていた私はすぐに確認。電車は7時28分につきますが、7時35分のバスがなんとかありました。

 駅に着くと、風雨が強いためにドアが閉まっています。念のため、嵐の中時刻表を確認してきました。間違ってはいません。数分後に一応屋根はあるけど、風があるために全然意味が無いバス停に移動し、バスを待ちました。
 この時、隣に止まっていたバス会社の運転手(自分らが乗るバス会社のライバル会社)が話しかけてきました。そのバス会社は私が通っているY市のもう一つの高校へのバスを運転しているのですが、誰も居ませんでした。それもそのはず、私が通う高校と宇高(宇都宮高校)以外は休校でした。

 しばらくすると、ほぼ時間通りにバスが来ました。しおや交通という超ローカルバスで、もともとは観光バスのみだったらしいです。


 塩谷町の交通の変遷は話すと長くなるのですが、元々東武矢板線というローカル鉄道が走っていましたが、廃止になり、代替バスになりました。東武バスが長らく運転していましたが、その後撤退。交通の便が悪くなるために栃木県北部の路線バス会社である、東野交通が路線を引き継ぎましたが、やはり撤退。こうなると、赤字路線に手を挙げて参入する会社もなく、塩谷町自体が関東バスに委託して、運転をしていました。しかし、今回乗ったしおや交通が、さらにその後矢板(Y市というのはここ)のタクシー会社である、藤田合同タクシーが参入する意向を示します。

 一時期下野新聞にも載っていたような気もしますが、同じ路線を2社が運転、しかも赤字に近い路線なので、行政などが共同運行やらなんやら一本化をするようにしたのですが、折り合いがつかず(どうもしおや交通側はOKしたものの、藤田合同側が折れなかったらしいです)、結局現状となっています。
 今のところ、東武矢板線とほぼ並行する矢板-新高徳間は藤田合同が、その途中の塩谷高校や矢板高校行きバスは両者が運転している状態です。しかし、塩谷町の人間に聞けば、どうも藤田合同のいい話は聞きません。運転・接客態度もあまり良くないらしく、先輩にいたっては嫌い宣言まで出してました…。


 話は長くなりましたが、結局しおや交通の「幸せの黄色いバス」と書かれた真黄色のバスに乗っていきました。運転手の接客は大変よく、とても気さくでした。バス自体は普通の路線バスではなく、家庭用のマイクロに近い、もしくはマイクロかもしれません、そんなバスです。床がとても高く、ノンステップとはかけ離れたような車内です(汗。乗客は終点である私の通う高校の制服を着た女子3人だけでした。運賃もタクシーで行って3人割り勘するよりは確実に安いぐらいだったのでよかったです。


 結局学校にはいつもよりも早く着きましたが、やはり大雨でなかなか集まらない。結局始業時間にはクラスの半分ぐらいしか集まりませんでした。


 続いては帰り。下校が4時半だったので、4時56分発の通勤快速に乗ろうと急ぎ早に駅へ。ですが、事前のチェックどおり運転見合わせによる遅延で遅れています。通快は17分遅れで来るとの事。なおかつ、私は朝、車で送ってもらいましたが、帰りは親が居ないので高根沢町のデマンドバス(後記)で5時半には駅に着かねばならない。見事に5時半着なんです。通快しかないので、それで行って、宝積寺で遅延証明書を貰って、なんとかデマンドバスに乗れました。
 ちなみに通快は行き先が上野→宇都宮に変更になっていました。方向幕が「通勤快速 宇都宮」になっているのをみたかったんですが…。残念ながら上野のままでした。


●●高根沢町のデマンドバス●●
 10月1日から高根沢町で始まった利用者が事前に予約をして、利用する交通システムです。いわゆる乗り合いタクシーと言ったものです。今日が始めての利用だったのですが、おばあさんと乗り合いでした。運賃は町内であればどこまで行っても100円、高根沢⇔市貝町(東野交通バスがデマンドバスによって廃止されるため)は700円、市貝町内は350円とのことです(車内掲示より)。

 利用の際注意しなければならないのは①時間どおり来るとは限らない(乗り合いなのでいろいろな場所を経由することがあるため) ②利用者登録が必要である、ということです。利用者登録すれば、運転を委託されている宝積寺タクシーの予約センターで電話番号を言うだけで、簡単に利用者情報が出るので、便利であるため、です。

 詳しくは高根沢町のホームページなんかもご覧ください(当ページよりトップにリンクしてます)。
プロフィール

みーや@栃木

Author:みーや@栃木
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
アクセス解析
月別アーカイブ
カテゴリー
NHK時計(青色版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
NHK時計(木目版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
リンク
最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。