スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生活1か月

 大学生活&一人暮らしが始まって、まもなく1か月です。あっという間でしたが、思ったよりいい人が多く、サークルの先輩にも可愛がっていただいて、充実した毎日です。ただ、教育学部に所属している関係上、興味もくそもない(といったら怒られますが)教育学とかを学んでいると、飽き飽きしてきてしまいます(汗)。私は就職は職種を選ばず、少しでも興味があって、安定した収入を得られそうだったら民間企業も、と考えているのですが、学部が学部だけに、仲良くなった友人は皆、教員志望らしいです。まあ、私みたいな人間が教員になるよりはいいと思いますけど…。今から、こんな話していてもだめですね。やることやっていかんと!


 さて、ゴールデンウィークは前半が個人的には終わってしまった感じです。といっても、金曜日の夕方~夜はサークルの集会、その後自分の部屋に友人を集めて夜遅くまで話。土曜日は一日ごろごろ、日曜日も一日ごろごろ、そして今日も昼過ぎまで寝ていました…。東京へ行こうと思っていましたが、行けそうもない。明日は、授業が3限で終わるし、用事もあるので、東京に行ってきます。翌日、授業が2限で終わるので帰省がてら、夕方に高校に行って、部活動の後輩に土産持っていこうと思います。鉄道好きの後輩に小田急の時刻表でも買っていってあげようかとw

 ということで、2日から帰ってしまいます。3日は買い物、4日は母校の吹奏楽部・合唱部合同コンサート、5日はもしかしたら高校の同級生と栃木の遺跡めぐり、という濃い内容になりそうです。やっと家で録ってもらっている、NHK宇都宮の県域放送番組「とちぎ640」が見れそうです。


 がらっと話は変わりますが、昨日の関越道バス事故はひどい状況でしたね。朝に、uhbの速報メールで一報が届き、昼前に寝ぼけながらニュースで見ました。あれは、いわゆるツアーバス形式のものになるんでしょうか?明らかに路線免許があるバスでは無いですが、プロドライバーの運転とは思えない恐ろしい事故です。ニュースではさまざまな原因などが報じられていますが、金沢から東京まで遠回りの運転だったと言っていた件、確かにそうですね。金沢からだったら、上越JCTで上信越道に入って藤岡JCTに出たほうが近道ですが、どういう理由で長岡周りで行ったんでしょう?
 あと、夜行運転で1人だけ、というところが強調されていますが、普通の高速路線バス(路線免許を持って運転しているバス)の夜行便でも一人運転のところはありますね。距離は今回ほどではありませんが、博多から松山に行く、西鉄高速バスが運転している路線に乗った際、一人運転でした。結構こまめに休憩も取られていましたし、その旨の案内もありましたので、こちらとしては乗車時に心配は何一つしていませんでしたが、今回どれぐらい途中の休憩をとっていたのか、という点も気になります。もっとも、高速路線バスなら拘束時間とか休憩時間とか、細かく規定があったように思いますが、こういったツアーバスはやはり無いんでしょうか。

 私も過去に一度だけですが、こういったツアーバスに乗車したことがあります。あれは確か、三宮から東京だったと思いますが、シートピッチもせまい、普通の高速バスだったら明らかに使わないであろう車両に乗っていきました。料金は4000円前後で確かに安かったですが、速度は恐ろしいほど早かった。運転手は何人いたのか知りませんが、私は母親にやっぱりとちのき号のほうがええ、と設備面でも安全面でも言った記憶があります。ネット上でも、あまりツアーバスでいい話は聞かないので、私も友人などにはJRとか私鉄とか路線免許のあるバス会社の高速バスを勧めています。死にたくはないですからね。。。


 さらに別件。春休みの旅行について、なにも触れていませんでしたが、あちこち行っていました。
 3月10日から11日は、後輩たっての希望で、房総半島一周旅行へ。目的は久留里線のタブレット交換が無くなるということで見てきました。その後、勝浦に向かい有名な担担麺を食し、銚子で一人3000円で宿泊。翌日、午前中は銚子電鉄全駅下車し、午後は東京ドームで読売ファンの後輩がグッズを購入、浅草で仲見世見物、スカイツリー見物、業平橋駅から乗車など充実した旅行でした。

 3月14日は茨城大学に合格した友人が、水戸に行ったことがない(工学部の受験会場は日立のため)というので、18きっぷで茨城へ。水戸の偕楽園の梅はまだまだで、偕楽園臨時駅もその後開設期間がのばされたようです(同日のNHK水戸ローカルニュースより)。その後、茨城大学で昼食を食べ、見学したのち帰路へ。私はクラス会があったので、カラオケ、晩飯と食べてきました。


 翌日から西日本へ旅行。1日目はひたすら姫路まで電車。2日目は明石の市営バス最終日を撮影してきました。結構複雑な系統が多く、面白かったです。最終日でしたが、無愛想な運転手さんばかりで少し残念なところもありましたが、運転手さんの中には「本日で明石市営バスは最終日となります。長らくのご愛顧ありがとうございました。明日以降は山陽バス、神姫バスをよろしくお願いいたします。」と、最終日にふさわしいアナウンスまでされる方もいらっしゃって、また乗客の中にも「いままでご苦労様でした」と声をかける方もおり、本当に惜しまれているというのが感じられました。

 17日は広島へ。途中、三原から呉線に入り、呉でやはり31日に廃止された市営バスを撮ってきました。交通局へ向かうと、残念ながら呉市交通局PASPYは窓口が閉まっていて買えず、運転手さんに聞いても、「2月末で車内の販売も終わってしまったんですー」ということで400円の市内循環一日乗車券しか買えませんでした。でも、運転手さんが観光案内もしてくれて、好感が持てました。その日は広島で宿泊。

 18日は雨が降る中、宮島観光へ。ちょうど宿のすぐ前に広電が通っていて、広電で宮島口へ向かい、JR宮島フェリーで宮島に向かい、厳島神社を見学。小一時間で戻ると、宮島口からのフェリーの乗客が恐ろしいほど多いこと。宮島口からは姫路へ戻り、家島でゆっくりしました。数日後、栃木へ帰宅。


 そして、最後は24・25日に長野へ。初めて横川から軽井沢へ抜け、しなの鉄道に乗車しました。目的は長野電鉄屋代線に乗ること。都会の通勤ラッシュ並みに混んでいるうえに、遅れも15分ぐらい出ていて、相当大変な状況でした。全駅下車も達成し、栃木へ戻りました。あの混み方、ニュースでもやっていましたが、普段からこんなに乗るんだったら廃止されないのに…と。12月に乗った十鉄、そして屋代線、また苫小牧、明石、呉の各市営バス、お疲れ様でした。
スポンサーサイト

大学に進学しました

 ご無沙汰しております。今、埼玉から書き込みしております。

 大学が合格してから、通学については距離、時間や費用面などを考慮した結果、下宿という形になり、現在大学のある埼玉におります。無事、引っ越しも終了して、入学式も終了、今日から本格的な授業(講義)が始まりました。友達作りやサークルの加入などはまだまだですが、徐々に一人暮らしの生活リズムもつかみ、のびのびとした生活を送っております(笑)

 ただ、一人暮らしの悩みの一つに、心をオープンにして話せる相手がいないんですよね(苦笑 無料通話のアプリで高校時代の友人と同じような話をしていました。早く慣れないといけないんですが、あまりに高校時代の友人が仲良かったもので、大学でも同じクラスの人間と会うと、どんなに忙しくても話し込んでしまいますね。


 それにしても、今日の宇大(宇都宮大学)の入学式のニュースは驚きました。まさかの爆破予告で入学式が中止に。普段から連絡を取り合っている友人に宇大への進学者がいたので、すぐに速報メールを送ってくれました。現場にはNHKととちテレがいたそうで、かなり緊迫していたとのこと。自分も入学式は大宮ソニックシティという結構大きなところだったんですが、まさか栃木の、しかも何度も行った市文化会館でそんな騒ぎが起こるとは…とびっくりしました。その後明らかになってきたのですが、電話での爆破予告から避難告知、避難完了まで1時間もかかっているという点、とちぎテレビの篠田キャスターもツイッターで指摘していましたが、遅すぎますよ。友人曰く、本当に爆発していたら大変なことになっていたし、振り返るだけで怖い、と言っていました。どういう連絡体制だったのか、恐ろしい話です。


 さて、トップページで告知しておりますとおり、ホームページのサーバ変更を行うため、マスコミ探検隊を中心に閲覧できないページが増えてくるかと思います。実は実家(栃木)のプロバイダを光フレッツに変更することとなり、現在のYahoo!BBの無料使用容量分がなくなるために、写真がほとんどのマスコミ探検隊が支障となりました。つきましては、しばらく私も多忙の日々が予想され、すべてのページは更新できないかと思いますので、完全に変更が完了するまでは、しばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。
プロフィール

Author:みーや@栃木
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
アクセス解析
月別アーカイブ
カテゴリー
NHK時計(青色版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
NHK時計(木目版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
リンク
最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。