スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの旅行まとめ

 またまた更新せずに広告を出してしまいましたが、ぐーたら生活で何とかやっているみーやです。

 さて、恒例の長期休暇旅行。今年の夏は、北は岩手から西は広島・島根まで行ってきました。

 まずは8月。お盆は栃木に居て、友人と会ったり高校時代の生徒会メンバーと集まったりしていましたので、盆明けの19日に出発です。しかも、今回は帰省ということもあり、妹も同伴していきました。
 ただ、この日の早朝に岡本駅で貨物に女性が飛び込むという人身事故があり、氏家始発の上りが運休。一本遅らせて東京方面へ。ただ、忘れ物などを取りに下宿先に寄ったので、南与野で途中下車しました。東京からは高速バスで名古屋へ向かいます。新東名経由の直行便で、ハイウェイラジオもしっかり録音してきました。名古屋からは18きっぷを利用し、米原乗り換えで高槻の祖父母宅に向かい、一泊しました。

 次の日は、先祖の墓がある島根へ向かいます。朝6時台のバスで出発し、新大阪で新幹線さくらに乗車しました。広島には9時前に到着し、そこからは広島のおじの車で平和記念資料館、宮島と回ってもらい、島根の邑南町へ向かいます。矢上という集落は小さい集落ですが、盆地になっており、山の上から見ると田舎の夏の風景といった感じで、きれいでした。墓参りも済まし、途中別の親戚の家ではピオーネを食べさせてもらい、宿には5時ごろに着きました。
 山しかない田舎だったので、ワンセグが映るかどうか心配でしたが、宿の目の前の山に送信所があるらしく、部屋の中でも十分な感度でワンセグを受信・録画できました。AM/FMも酷いノイズが無く、良好に受信できました。

 翌日は再び大阪へ戻ります。時悪くというのか、時良くというのか分かりませんが、前日に島根の親戚(矢上のあたりの人間ではない)が亡くなり、バタバタもあって一泊切り上げての帰省となりました。その際に、松江のおじが、大田からの特急バスより浜田からの高速バスのほうが安いし近いというアドバイスをくれたので、予定を変更、瑞穂インターから広島行きのバスに乗車。乗車率は50%程度でした。
 広島駅では昨日島根まで乗せてきてくれたおじ夫婦が迎えに来てくれ、わざわざお土産まで持たせてくれました。大阪にはその日の昼過ぎに到着し、また一泊です。

 予定が一日開いてしまったので、翌22日は妹とユニスタへ。23日は昼すぎに高槻を出てから、大久保の伯父宅を経由して、姫路で母方の親戚が集まって焼肉を食べました。その日は姫路の伯母のマンションで一泊。翌24日から家島でゆっくりと休養させてもらってました。妹は始業式があるので、私より早く26日に出発し、私も梅田まで送っていきました(梅田~宇都宮は夜行バスで妹一人でした)。

 私は30日に高槻で一泊したのち、翌日には栃木に戻っています。


 ただ、これは前半戦です(笑)。実は後半戦があるのですw

 9月1日。母校の学校祭に行きます。卒業生だというのに、後輩には「先輩、これ集計やってください」だの「先輩、あそこに人いましたか?」など、去年と変わらぬ扱い。ちょっとは手伝ってやりましたよ(笑)。
 そして、この日の夕方には旅行へ。夕方4時過ぎに矢板を出て、黒磯→新白河→仙台→一ノ関と向かいました。一ノ関のホテルで一泊です。

 翌日は昨年も乗った気仙沼線に乗り、千厩で途中下車。歩いて、岩手県交通の千厩バスターミナルに行き、バスカードを購入するとともに、許可を頂いてから車庫にあるバスを撮影させてもらいました。そこから特急一関大船渡線で大船渡へ向かい、盛駅近くのサンリアショッピングセンターで昼食。盛駅などを回った後に、タクシーで路線バスの始発地の県立大船渡病院へ向かいました。タクシーの運転手さんによれば、盛駅付近も50cmほどは浸水したそうで、そのタクシー会社の社員さんも歩きで逃げずに車で逃げたために死者が出たと話していました。
 大船渡病院では、休日ではありましたが、中の売店が営業しており、東海新報を購入。見舞いに来る方も多かったように思います。14時過ぎに釜石行きのバスに乗車。いっそ終点まで乗ろうと思い、約2時間、ずっとバスに乗っていました。終点の上大畑からは歩いて釜石営業所まで向かい(約40分ぐらい)、明日以降の旅行日程に必要な金額分のバスカードを購入し、また許可を頂いてバスを撮影させて頂きました。復興支援の大阪市営バスが、そのまんま置かれていたのはビックリでした(幕も「門真南」などとそのまんまでした)。営業所からはバスに乗って、この日は釜石駅近くのホテルで一泊です。

 9月3日は朝から快晴で暑かったです。午前中は駅周辺を散策しつつ、復興釜石新聞も頂くことができ、買い物したりしました。11時前の岩手県交通で大槌町を経由し、山田町へ向かいます。しかし、10分ほど遅延したために、道の駅で接続予定の岩手県北バスが出発してしまっていて、乗り継ぎが出来ませんでした。昼飯を食べつつ、1時間半待って後続のバスに乗りました。バスの時間まで道の駅でいろいろと見ていると、IBCラジオの震災報道の本が販売されていたので、購入して読んだのですが、本当に事細かに書かれており、買って正解の本でした。
 道の駅から、というよりしばらく歩いて手前の始発地である、岩手船越駅からバスに乗って、宮古に着いたのは2時半過ぎぐらいだったでしょうか。駅周辺のショッピングセンターで買い物をしたあと、山田線に乗って、盛岡に行き、折り返しの山田線の列車で大志田駅に下車しました。

 分かる方は分かるかもしれませんが、この駅、上り(盛岡方面)は6:56,20:02の2本しかなく、下り(宮古方面)に至っては私が下車した19:24の1本しかないという駅なんです。この日はここで、一泊しました(笑)
 実際、降りた人は私ともう一人いて、まさか狭い待合室にいっしょに寝るのか…と思いきや、その方は20:02の上り最終で帰られたようです。ちなみに、最終の車掌さんが待合室の私を見つけるなり、待合室の扉を開けて、「最終だけど乗らないの? あー、電気消えると思うよ。あと、クマが出ると思うので気を付けてください。」って言って行っちゃいましたw 
 
 誰もいない駅。静かです。民家も近くにありません。自然そのものでした。待合室の中の虫を殺すだけで2時間。いろいろ大変でもありました。ドコモの携帯はすぐ近くにアンテナがあるので良好に通信可能。友人と電話で話したりもしていました。結局寝られぬうちに夜は明けて、始発に乗りました。

 それからは山田線の盛岡~上米内間の全駅、東北線の仙北町と岩手飯岡で下車して、盛岡に向かいました。仙北町から盛岡駅まで、重たい荷物を持って歩くのは大変でしたが、間に合って本当に良かったです(笑) その後も、大釜を除く田沢湖線の盛岡~田沢湖間の全駅で下車してきました。大釜、赤渕、田沢湖は高1のシルバーウィークに三連休パスを利用して下車したことがあるんですがね。その日は田沢湖線と奥羽本線で秋田に向かい、一泊しました。

 翌5日は、大森山の鉄塔を撮影しにバスで向かいます。その前にやはり普通列車が通過する桂根駅や、羽後牛島駅でも下車。秋田駅に一旦戻ってから、約30分ぐらいで到着したように思います(ほとんど寝ていました)。
 ちょうど訪問した際は、秋田テレビの局舎がブルーシートで覆われており、下山途中に秋田テレビのロゴが入った車ともすれ違いましたので、工事していたようです。展望台のようなところからは秋田市街と日本海がきれいに見えました。
 帰りは西部サービスセンター前バス停で下車し、新屋駅に向かいます。新屋からは羽後本荘に向かい、羽後本荘で下車、乗り換えて酒田に向かったのですが、この日は朝から秋田山形県境で大雨の影響が残っており、時間通りに来た列車は大幅に遅れて酒田に到着しました。酒田で下車したかったので、途中の砂越駅下車を諦めて、酒田でずっと待っていました。余目で陸羽西線に乗り換えた際も下車できたので、下車印と入場券をゲット。
 その後、余目→(陸羽西線)→新庄→(奥羽本線)→山形→(仙山線)で仙台へ到着、宿泊です。

 次の日、6日は朝から富谷町に向かいました。TBCラジオの旧送信所を訪問するためです。しかし、門に閉ざされ建物があったであろう跡には行けませんでした。一旦仙台に戻って昼食を食べてからは、今のTBCラジオの送信所に向かいます。ただ、富谷からの帰りのバスで降ってきた雨が強くなっていて、土砂降りの中撮影していました。仙台駅に戻ってからは、宿に一旦戻って着替えてから、高校時代の同級生(女子)とさしで飲んできました(笑)。ほとんど高校時代に話したことが無かったのに、ツイッターで盛り上がって会う、という信じられないような出会い方でしたが。
 最終日7日は、朝からKHB、OXとバスで巡り、仙台駅で昼食を食べてからはTBC、大年寺山と巡って、仙台駅から栃木に帰ってきました。

 ただ、18きっぷが一日分余ってしまったので、静岡に行ってきました。東名高速の清水連絡線のハイウェイラジオを聞くためです。
 清水に降りたのは初めてでした。しかもバスは丸みのある古い車(モノコック車とは言わないタイプらしい)で、座った座席の前の広告には静岡鉄道の文字がありました。ラジオは無事受信でき、清水や静岡周辺の駅で途中下車して、その日は帰りました。


 さて、大学は10月1日からです。でも10月頭の三連休でまた仙台で同級生と飲んできます。今度は一人増えるので、また盛り上がりそうです。途中、中尊寺にも行って来ようと思うので、またレポートします。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:みーや@栃木
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
アクセス解析
月別アーカイブ
カテゴリー
NHK時計(青色版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
NHK時計(木目版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
リンク
最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。