スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ中継局の監視員

(お断り)この記事は8月16日付で書いたのですが、下書きに保存されたままになっており、公開されていませんでした。いまさらですが、アップしておきます(9/1)


 毎日毎日暑い日々ですね。数日前までは、オリンピックと甲子園のおかげで生活リズムが大幅に狂っていたみーやです(笑)

 さて、前回の更新からまたテレビ埼玉のアルバイトをやったり、前期期末テストで散々な目にあったりとたくさんの出来事がありました。あと、妹を連れて初のコミケにも参戦してきました。朝4時に下宿先を出て、始発でビッグサイトへ。6時半から3時間半並んで入れました。私の目当ては東方のアレンジ音楽が中心なので、そこを中心に回りました。目当てのサークルはほぼ回れ、妹も満足したようだったので、1時前には脱出。帰りの電車はそれほど込まず、大井町→上野と経由し、宇都宮に4時過ぎに到着。すると日光方面の空に黒い雲が見え、これは早く帰ったほうがいいなと思って、花火大会に行く妹を置いて、素早く黒磯行きの電車に乗ったのですが、宝積寺到着数分前に土砂降り。宝積寺の駅前は大雨に加え風も吹き、大変でした。栃木の夏の風物詩というか、洗礼を受けたというか。おかげで涼しくなるのは本当にうれしいんですけどね。

 そして、昨日は友人とドライブに行ってきました。
 おもな経由地としては喜連川→佐久山→大田原→黒羽→雲厳寺→塩谷→大沢IC→宇都宮IC→平出→高根沢→大谷(高根沢町)→氏家→高根沢という濃すぎる行程。佐久山では温泉に入り、コロッケで有名な和気精肉店に立ち寄り、大田原の道の駅那須与一の里で昼食+市営バスの時刻表を入手、雲厳寺では70年代からそのままのバス停の撮影、塩谷では新しくできた道の駅に立ち寄りました。平出は東野バスの本社で昼間割引カードを購入するためです。その後、載せていた友人の親御さんから、大谷地区で鐘楼流しがあるとの情報が入り、どんなものか見に行きました。なかなかきれいなものでした。地区の青年団というのでしょうか、20歳前後の同世代の男女が中心になって動いていたのがなぜか新鮮に見えましたね。

 それよりも、この日一番の話のネタが有料道路に乗ったこと。乗るつもりは全くなかったんですが、塩谷町の道の駅に来て、宇都宮方面に向かうとなると、なかなかルートが無く、119号線は込んでいたので教習以来の高速(厳密にいえば日光宇都宮道路は有料道路ですが)に乗りました。怖かったですね(笑) 友人曰く「高速のときだ
けお前無口やったぞ」とのことでした。


 さて、この行程途中に、とあるテレビ中継局の近くの商店に立ち寄り、中継局の話をお伺いしたところ、なんとその商店の店主がテレビ中継局の監視員をされていたことが分かり、しばし中継局監視員についてのお話を聞かせて頂きました。

 アナログ中継局が廃局になる、昨年までの31年間に渡って監視員をされたそうで、最初は隣の店のおばあさんに依頼が来たそうなのですが、その時にはすでにお年を召されていたので、若かった店主(我々が話を聞いた方)が相談を受け、引き受けたそうです。中継局が設置されるまでは、ブースターで東京or矢板の電波を受信していたそうですが、中継局が出来ると、見違えるほどの美しさになったと話してらっしゃいました。昔は深夜の休止時間に頻繁にメンテナンスを行っていたそうで、モニターを商店の中に置き、チェックしていたという話も聞きました。また、近くに住む方が住宅を建てる際に、基礎工事をしていたところ、受信点と送信点を結ぶケーブルを断線させてしまったといったトラブルもあった話を教えてくださいました。

 地デジ中継局建設の際の写真を撮られていて、リングアンテナのミニサテ局の建設方法がよく分かりました。マストの基礎工事から始めても、1週間ぐらいで建設は終わるようです。デジタルの際には受信点が変わり、アナログ時代は谷の西側の山だったのが、デジタルの受信点は東側の山になったことも教えて頂きました。その受信点では、山菜取りに行かれた地元の住民の方が、受信アンテナに杉の木が倒れているのに気づき、監視員の店主に教えてくれたためにケーブルが木の重みで断線せずに済んだというエピソードも聞かせてもらいました。

 そんな店主も昨年のアナログ終了で任期が終了したのですが、局関係者の推薦などもあり、NHKで表彰を受けられたそうで、その写真も見せて頂きました。記念品の一つに、スーパーターンアンテナをかたどった置物があり、私もどこかで貰えないかなあと思ってしまいました(笑)各地の監視員が表彰されていたようで、釧路局管内のとある中継局を管理されていた男性は94歳だったそうで、我々も驚いてしまいました。

 地デジ化に伴い、局で一括管理が出来るようになり、監視員の制度は廃止されているようです。しかし、今回は思い切って尋ねてみて、いい話を聞くことが出来たのでよかったです。貴重なお話を聞かせてくださった店主に改めて感謝するとともに、今まで本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みーやさん
お久しぶりです。houtouです。

喜連川→佐久山→大田原→黒羽→雲厳寺→塩谷→大沢IC→宇都宮IC→平出→高根沢→大谷(高根沢町)→氏家→高根沢と、なかなかハードな行動ですね(笑

私は仕事がら宇都宮⇔那須烏山がほとんどですが、時々宇都宮⇔那須烏山⇔那須になります。

那須烏山には烏山神長中継局と南那須志鳥局と言う、リングアンテナのミニサテがあり、アナログの送信塔とデジタルの送信塔がそれぞれコンクリート柱で立っていましたが、気がつけばどちらのミニサテもアナログの送信塔が無くなっていましたね。

烏山神長中継局も南那須志鳥局も、半径800mちょっとしか電波が飛ばないと言う(CNやMER、BERが十分に確保出来ると言う点で)、ミニミニサテですが・・・(笑

No title

houtouさん

 お久しぶりです。

 ドライブはしんどかったですが、久しぶりに友人と会えて話せたのでよかったです(笑)
 烏山まででも結構かかりますよね。そこから那須となると、相当疲れますね。

 ついに志鳥と神長もアナログ撤去されましたか。休止されるさくら市営バスを乗りに行くついでに、見てこようと思います。


 コメントありがとうございました。

STVの速報音

みーや様、超お久しぶりです。しげです。
昨年夏、北海道のテレビ番組をワンセグ機器に録画する為に、竜飛崎(予算と時間の都合で北海道には行きませんでした。(^_^;))に行って来ました。ここで、STV「どさんこワイドひる」録画中にSTV気象速報が流れたのですが、速報音が、NTVと同じものに変わってました。

No title

しげさん

 ご無沙汰しております。以前に頂いている情報がまだ反映できておらず、恐縮するばかりです。

 やっぱり竜飛では北海道局が安定して入感するようですね。一度は行ってみたいと思うのですが、青森で泊まるかそのまま北海道へ向かうかのどちらかで行く機会がありません(笑)

 お寄せいただいたSTVの速報音の情報、次回更新時に反映させて頂きます。
 実は私も昨年の冬に北海道に行った際に、STV交通情報のテロップを確認した際に速報音も聞いたのですが、やはり日テレと同じ音でしたね。STVといえば、テロップに特徴があり、個人的には好みだったのですが、一昨年の日テレ系のテロップシステム一斉更新でなくなってしまったようですね。残念な限りです。

 長くなってしまいましたが、コメントと情報提供ありがとうございました。
プロフィール

Author:みーや@栃木
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
アクセス解析
月別アーカイブ
カテゴリー
NHK時計(青色版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
NHK時計(木目版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
リンク
最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。