スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年前を振り返ると

 今月は、異様に更新率が高いですが、それなりに暇なだけです(笑)

 学校祭の常任委員である私は、11月の22日から3日間、学校祭でそれなりに忙しく働き、構内で荷物運搬用のトラックの運転(しかもマニュアル)や、深夜シフトをこなしたりしまして、クタクタになりました。とどめを刺すかのように、24日にはまた着ぐるみのバイトがあり、朝6時集合で約12時間労働でした。そのあと、学校祭に顔を出し、本部の手伝いもこなし…。結構しんどかったですwww
 やっぱり今回感じたのは、こういうイベントの運営とか好きなんだなあ、って。面倒くさいことも多いんですけど、忙しいのが充実しているというか面白いというか。そりゃ、休みもほしいですけどね。

 学祭中に誕生日を迎え、委員は忙しすぎてほとんど誰も祝ってくれませんでしたが、高校時代の同級生や先生方からもメールが届いていて、うれしかったです。ありがとうございました。そして、返信遅くなってしまい申し訳なかったです。


 さて、11月も終わりですね。後輩は今月の中ごろに国立大学の推薦試験を受けたものが何人かいて、生徒会の後輩と部活の後輩が、無事合格したとの便りを届けてくれました。特に、生徒会の後輩はSkypeで面接練習を頼まれて、一週間ぐらいしかありませんでしたが、成長していたので、なおうれしかったですね。今年、母校は昨年の国公立大学推薦合格率が高かったことを受けてか、某・旧帝大に3,4人もAOで出願させているらしいのですが、どうなんでしょう…。

 推薦で合格した同級生と自分たちの試験のことを振り返ると、必ず出てくる一言が「落ちたと思って、吹っ切れた」ということ。私も小論文が終了15秒前に書き終わり、しかも決して満足いく内容が書けたとは思っていなかったので、午後の面接で緊張せず自然体でやってきて、これ(合格)だったのでよく分かります。
 今回合格した後輩も、口頭試問で対策が外れやられたらしく、午後は吹っ切れてやってきた、と言っていました。ガチガチに緊張して試験受けるよりは、多少たどたどしくてもええから自分の考えていることをしっかり相手に伝えられんとアカンということでしょうね。

 昨年、私は12月6日発表でしたから、今頃はセンター対策をやっていた、というよりはやり始めた頃でしたね(笑) 遅すぎるんですが、やっぱり落ちたつもりでやってましたから、それなりに熱が入っていたように思います。夜7時に、先生方が生徒の追い出しに来るまでずっと友人と問題解いてましたね。合格してからはそれらが全部抜けていきましたが。

 そして、合格した後の居づらさについても。やっぱり合格した人間とこれから勝負の人間とだと、全然雰囲気が違うんですよ。だから、私は合格した後は生徒会室に逃げ込んでいました。ずっとラジオ聞きながら、受信報告書書いて、後輩にコーヒー淹れてもらって、お菓子食べてって感じでした(笑) 他の合格した友人は、速攻帰ってパソコンか、学校近くのタリーズでのんびりしていたらしいですが。
 その後、2月ぐらいになると、二次試験に面接がある友人から面接の練習を頼まれたりもしました。教習所にも行っていたので、向こうの都合の良い時間にうまくあわせたりして行ったのも懐かしいです。あと、私が頼まれた友人のほとんどは生徒会の役員だったのですが、医療福祉系の学科が多く、別に専門ではないのですが、生徒会以外の友人で医療福祉系の友人からも頼まれたりしたものでした。自分も問題を出す側として、中途半端な知識で問題は出せないと思い、先生に頼んで過去問をコピーさせてもらったり、最近の新聞記事から関連する話題を出してみたり、いろいろとやってました。自分も勉強させてもらった、いい思い出です。

 とりあえず、昨年を振り返ってみましたが、推薦で受かったらクラス全体の勉強に対するモチベーションを下げないようにすることが大切ですね。私は友人と何回か下げかけましたので、あまり大口は叩けないのですがね。

 受験生の皆さん、体を大切にして勉強してくださいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みーや@栃木

Author:みーや@栃木
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
アクセス解析
月別アーカイブ
カテゴリー
NHK時計(青色版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
NHK時計(木目版)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
リンク
最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。